スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え&尺物3色 

昨日土曜日は田植えの日
2011-05-21 07.57_blog
家族総出で、高校以来の久しぶりのイベント。
我が家は農家ではないが、40アールの田んぼで毎年30俵程の米を作っている。(家族で食べる分は5俵程度)

今回は私が田植え機の役割。
親戚の新しい田植え機は使い勝手が非常に良かった。
田んぼの際での休憩&お昼もまた格別
P1000565_blog.jpg
スムーズに田植えも終了
2011-05-21 07.57.19_blog


田植え機も洗った所で、
本日日曜日は田植え機を鳥取に返しに行く日。
しかも予報は雨時々曇り。
行くしかないでしょう!渓流。


本日の予定は昼まで本流ルアー、午後帰り道に本流エサ。

朝一番に田植え機を軽トラに積んだまま釣り開始。
早速大場所で
2011-05-22 06.31_blog
ヤマメ25cm
幸先が良い。
その後10時まで下流に幅広く移動して釣り、25cm~尺物まで10尾程度キャッチ。
この川はコンディションが本当に良い。


その後親戚の家に田植え機を返しに行き。親戚の山を見たりしていると気づけば15時。
帰りに川に戻ると、上流でかなり雨が降ったのか、かなり濁りが入ってきた。
これではエサは厳しいと見て、地元の高梁川に戻る。

こっちの川は雨も無く、上流のダムも放水しておらず水量少なめで、本流エサにぴったり。
17時から大場所の流れ込みを攻める。するとこの川ではかなり貴重な
本流アマゴヒット
2011-05-22 17.12_blog
サイズは尺物、かなりうれしい。

さらに、ニジマスの良く釣れるお土産ポイントに場所移動。
早速アタリが
2011-05-22 17.47_blog
ぼってりのニジマス40cm弱

これにて尺物3色成立(最後はイワナがよかったなー

ここで何匹か追加して本日の釣り終了。
2011-05-22 18.55_blog

ハイシーズン突入の雰囲気
大満足の釣行でした。

原点回帰 

今日は良く晴れた日曜日

順調に稲の苗が育っているので、田植えは次の土曜日に決定。
そこで、田植え機を鳥取の祖父の家から借りる為、軽トラで行く事に。

鳥取という事は。。渓流が出来る!という事でタックルを積み込み出発。
しかし、数日前の大雨で本流の状況は良くない。
大場所でルアーを数投したが反応なし。
こんな時は状況の回復の早い源流に行く事にした。


その川は、かつて私が学生時代に源流釣りを学んだ場所で、細く狭い川は
釣り辛く、チョウチン釣りで釣り上がるスタイル。
そのかわり、川は道からは見つけにくい場所なので、イワナは純粋で、
さらに、この地方の固有種であるゴギとなる。

かれこれ10年以上行っていないので、期待とまだ生き延びているかという心配とが
入り混じり川を目指す。
到着した川の入り口の光景は、10年前と全く変わっていて、2車線の大きな道路が
入り口の上を通過ししていた。

しかし、入り口より奥は10年前と変わっていない懐かしい風景
2011-05-15 11.18.46
この水量でも平常時の2倍くらいである。
いつもは大きな淵にしか水が無い程度。

セットする竿も高校時代からの愛用源流竿でアポロ(ゼナックの笹倉製作所)の
「彩流 小継源流 450」である。
この竿はもう絶版だが、張りのある丈夫な竿で、源流釣りの要求を満たしている。
確か値段もお手ごろだった。
道糸は通しで0.4号である。昔は1号位を使っていた(大人になって上手くなったのか、気が弱くなったのか??)
色々と回想しながら釣り上がる。

中々反応が無く心配していたがやっとのアタリ
2011-05-15 11.31.53
小さいけど源流らしいきれいなゴギ、久しぶりの再会である。

少しづつアタリが出始め、さっきと同じサイズ~20cm程度をポツポツ追加

1時間程釣り上がるとサイズも少しアップして、本日の最大
2011-05-15 11.46.11
ゴギ27cm

サイズこそ本流や、有名河川程ではないが、その沢固有の魚に出会えるのが
源流釣りの楽しみであり、また、静かな流れの中で時を過ごせるのもこの釣りの贅沢なところ。


久しぶりの源流釣りで懐かしい感覚と、自分の原点に立ち帰って色々と考える事が出来た有意義な1日だった。



GW釣行 アゲのちサゲ 

またまた久しぶりの更新!

前回の更新から釣りも中々行けずじまいで、唯一の休日の日曜日も仕事やら
イベントやらで中々忙しい日々。
しっかり釣りに行くならサラリーマンに限る!(いやー懐かしいなぁ)
まま、自営林業も色々面白い事があってネタが尽きる事がなく、今後が楽しみ。



GWという事で、3日間の休みの中、家族・仕事・田植えのスキを縫って、何とか半日確保!
どこ行こうかな?

以前6月初旬に鳥取の川の本流で、いい思いをした事があったのを思い出した。
その時の状況は天気:弱雨、水量:並でルアーでヤマメ・イワナの尺物も混じり結構釣れた。

今日もそんな感じ(天気:曇り、水量:増水後の並)なので1時間半掛かるが、イチかバチかで
ルアーを持って鳥取の川へ。


到着は13:30 結構雰囲気も良く釣れそうな水の色をしている。
最初に大場所の堰堤下に入る。
小さいミノーは面倒なので、大きめのリッジ70Fで探ってみる。
すると1投目で
”ドンッ”
2011-05-03 13.28_blog
ヤマメ 25cm 
大きくは無いが、幅広で銀化していてとても綺麗。


タギってキャスト。間もなく。。
”ドンッ”
2011-05-03 13.34_blog
ヤマメ 30cm弱
こりゃヤベかろー(岡山弁:これは大変な事になった)
どうも活性がかなり高いらしい。
この一つの場所で3匹釣った、バラシも結構あったのでこの後も期待出来る。


場所を変えて太い流れのスジと横からの流れの合流の場所でやってみる
シュガーディープ70Fを流すと。。
本日の最大
2011-05-03 15.02_blog
ヤマメ 32cm
わやぁじゃがー(岡山弁:無茶苦茶だ)
なんだかんだで2時間で10本釣った。サイズは全て30cm前後で良型である。


しかしその後、晴れ間が出始めた頃から、ルアーへの追い・軽いアタリはあるものの、
パッタリと釣れなくなってしまった。
アマゴが”アメノウオ”と呼ばれるようにヤマメもまた天候により活性が
左右されるのだろう。(気圧と浮き袋の関係もあるのか?)

しかも今回は高活性に乗じて、ディープミノーを結構使ってみたがこれが結構良い。
特に太い流れの底を叩く時は70ディープはかなり使える(50は流れが太すぎると厳しい)。
最初に流れの向こう岸でしっかり潜らせて、ロッドで縦にジャークした時にヒットがある感じ。
今後検証していきます(って昔からそういう使い方だったりして。。)



気を良くして、コンビニに氷を買いに行く事に。
行ったコンビニは国道脇で駐車場が狭く、電柱が駐車場の真ん中にフローティングしていた。
しかもなぜかジムニーをコンビニと電柱の間に駐車してしまった。
そう。
やっちまった。。
2011-05-03 16.36_blog
出る時に他の車に気を取られ、
電柱とジムニーがディープキッス
背面タイヤに押されてリヤゲートが曲がってしまった。

アゲのちサゲ。。。
何年ラインブレーカーやってるんだか!
同じ事を繰り返しとりますわ。

キャパの小さい私でした <完>

今年からは 

またまた更新があいてしまった。。


釣りに行っても釣れなかったから書かなかった訳ではなく、トカラ以降で釣りに行ったのが今回となる。
本来なら2~3週間も釣りに行かなければ、そわそわする程のキチガイと
自負(?)しているが今回は2ヶ月のインターバル。

中々釣りに行けなかった訳は、最近転職をしたから。
今までは某自動車メーカーの技術者として埼玉で働いていたが、
1月からは実家がある岡山の田舎で林業をすることに。
2011_convert_20110204233231.jpg
引越し等で色々とバタバタして釣りに行けなかった。

よってこれからは岡山からの釣りとなる。
地元とはいっても大学入学から離れていた訳で、何がつれるのか良く分かっていない。
ネットで調べると、山でも川でも小さい魚がちらほら。。
ウスそう!
先行きが不安である。
こうなれば遠征1本勝負か?



今回は転職の休みを利用して嫁さんの実家の三重に行ってきた。
2週間前の釣果なので、経過はほとんど忘れたので画像でお楽しみ下さい。

後輩と二人で朝から青物をルアーで狙ったが完全な空振りで終わり、
帰りの夕方に通りがかった磯でのヤエン釣りの釣果。
暗くなるまでアタリも無かったのに、暗くなった瞬間、2人とも怒涛の時合タイム突入!
アジ4匹で4ヒット2キャッチ。
大きいのは1キロ中盤位。
011_convert_20110204234426.jpg
アジが無くなったし、何だか満足したので終了。
017_convert_20110204234507.jpg
久々に竿が曲がってよかった!


今後も気ままに更新します!

トカラ遠征ラスト&総括 

11月10日

今日は午後から鹿児島に帰る日。

荷物の準備を考えると朝一しかチャンスは無い。
今日も風が吹いているが、前日ほどでは無い為、意を決して、北側の地磯にトライ。
しかし、無念のノーヒット。
遠征釣り終了。


荷物をまとめて乗船券と宅急便の手配をする。
ちなみにヤマト等の配送所はないので、役場でのざっくり価格の着払い。
こっちに送った時よりも高かったような?


フェリーとしまを待つ間、漁港をウロウロ。
DSCN1342_convert_20101128230941.jpg
巨魚師の夢の跡、アンカー。
DSCN1346_convert_20101128231016.jpg
トカラの堤防は高い
DSCN1349_convert_20101128231105.jpg
港内の危険な場所は自分で判断するらしい。
DSCN1354_convert_20101128233001.jpg



フェリーとしま入港
操船技術で感動したのは、潮岬・エボシのはまさん以来である。

港内ででかい図体を旋回するのである。
DSCN1356_convert_20101128231835.jpg
クリッピングポイント
DSCN1357_convert_20101128231918.jpg
ドリ
DSCN1359_convert_20101128232010.jpg
ドリドリ
DSCN1362_convert_20101128232058.jpg
ドリドリドリ~
DSCN1365_convert_20101128232135.jpg
いい仕事してました。
DSCN1368_convert_20101128232211.jpg

失敗する事は考えんのやろか、すごい。


長い船旅の後、市内の鹿児島ラーメンで遠征の〆。
DSCN1402_convert_20101128233348.jpg


遠征総括
 ①GTを釣りたかったけど時期が遅かった(やっぱトビのシーズン以降に来たい)。
 ②GTどころではなく、全体的に薄かった。心が折れそうになった。
 ③国内で色々南方系の魚を狙うなら小笠原の方が良い(私的見解)。
 ④南の海でオキアミは萎えるだけ。 
 ⑤やはり宿にはヤギがいない方が良い。
 ⑥GTロッドとはいえ、ブリ上げは禁止。
 ⑦釣果はともかくやっぱり遠征はプライスレス。また来よう!



今回タックル
DSC04580_convert_20101128235044.jpg

 ①GT
  ロッド:フィッシングサファリ2296改
  リール:トーナメントS 6000RA
  メインライン:PE8号
  リーダー:60号+80号  
  ルアー:重いの色々
 ②ショアジギ
  ロッド:MCワークス100HS
  リール:ツインパ8000HG
  メインライン:PE3号
  リーダー:70Lb
  ルアー:スピードジグ他
 ③ライトルアー
  ロッド:MCワークス113R/S
  リール:ツインパ8000HG
  メインライン:PE3号
  リーダー:50Lb 
  ルアー:アスリートミノー他
    
   
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。