スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸封と遡上 

今週末は大学時代の先輩であるズンさんが来た。

最近源流イワナにハマっていて、鳥取のゴギを釣りたいとの事。
では本流・バスも含めて週末プロデュース、何とかいい魚を釣ってもらいたい!

ところが、梅雨入り早々の大雨で至る所が大増水&濁り。
悩みながら、土曜日は近所のダムでバス、日曜日は水の引くのが早い鳥取の源流のプランで出発。


土曜日
到着したダムは水色もそんなに悪くなく貯水率90~100%といった感じで冠水している所もあるが、
なかなかいい感じ。
このダムで私も今シーズン初のバス釣り。

ボロボロのゴムボートを浮かべて釣り開始。
10年程前に使い古したブラッシュホッグのテキサスリグを突っ込むと早々にアタリ
約40cmのバスが上がる。この時期、このダムのアベレージサイズ。
ズンさんは、かつて大学も行かずに作っていた自作のトップ(かなり出来が良い)でバスをヒット。
これで2人ともほっと一安心。

しかし、ポツポツ釣れるものの、例年通りの数が出ない。最近スレているとか、大きな工事があったとか
聞いたのでその影響か?
とはいえ2人とも数は今まで十分釣ってきた(?)ので何だか満足し、昼に切り上げる。
最近バス釣りに対するストイックさがおちてきたのかなー?

昼からは地元の川と鳥取の本流を行き来するも水量多く釣果なしで終了。


日曜日
この日は6時に家を出発し、鳥取の源流へゴギを狙いに。
以前から私が行っている細い沢に行く。
とはいっても、いつもと同じじゃあ私もツマラン(!)ので、いつも折り返す所まで歩き飛ばして
その上流を狙う。

30分程歩くと、いつも釣り終わるポイントに到着。
1人の渓流にはよくあることだが、ある程度行くと何だか気味が悪くてここで折り返すのである。単なる怖がり?
釣りを開始すると中々アタリがないが、まずは私に1匹。
そして砂防下でズンさんにも待望の一匹。
2011-06-05 09.03
この後もポロポロとゴギを追加して釣り終了。
細い流れの中で種を絶やさずこれからも生き続けて欲しいものだ。

ズンさんとはここで解散となり、500Kmの帰途に就いた。


さぁこの15時から夕食までの空白の時間、どこに行こうかな?
最近鳥取の本流の中流域でサクラマスがあがり始めた。
かつで赤川で-5℃・36時間ノーバイトの大敗を喫した魚である。
しかし、その少しの可能性に賭けるのが大物師、そんなストイックさを求めて中流域に。
現実は甘くなく1箇所・2箇所やるもノーバイト。
こんなものかと3箇所目に移動。

ここは本流と発電用の放水がぶつかるポイントで深さもありいい感じ。
迷わず最近のお気に入りのシュガーディープ70Fをキャスト。
流れの向こうからジャーク、ジャーク、ジャーク
ドスン!
きたぁああああ。
流れに乗りドラグを出しながら下流に走る。腰まで浸かった私も一緒に走る。
数分後、約5m手前に寄ってきたのは40cm前後のギンピカのマス。サクラマスorサツキマス??
あと一息で目に飛び込んだのはテールフック1本しか掛かっていない口元。
ヤバイ!と思った瞬間最後の大暴れ、そ瞬間
プンッ
魚と私の時が一瞬止まった。

あぁぁぁぁぁー
やってもうたー。


がっかりして帰途に就く。
18時半に家に就くつもりで出発したが、快調にやけくそに運転したのでちょっと時間が余った。
大マスバラしたついでに地元の川でサツキマスでもして帰るか。

実は今までも仕事が終わった夕方にちょこちょこ投げているが未だにノーバイト。
しかし、4月末にかなり下流でサツキマスの釣果が聞こえているだけに、そろそろ?といった感じ。
まぁ釣れないだろうというスタンスで新規場所を開拓する。

この場所は広い流れ込みから深い淵につながる場所。前から気になっていたポイント。
ルアーはさっきのままのシュガーディープ。
数投し、流芯でジャークした瞬間
ドスン!
またきたぁぁぁ
ドラグが出っ放しでバシャバシャしながら下流に突っ込む。
数分間耐えて流芯から引き出す、ローリングしながら姿が見えてきた!
さっきのマスより断然デカイ!
サツキマスでこのサイズはヤバイ!
軽く50cmは超えている。マスも必死の抵抗、また流芯へ。
すると手元に嫌なゴリゴリとした感触が。
マスが自分の体にラインを巻きつけて切ろうとしている。
ラインは愛用の安かろう・そこそこ良かろうのレグロン4Lb。
ドラグを出し、なんとか耐えていたが、
スッ
あぁぁぁぁー
またやってもうたー。
今度はラインブレイク!
回収したラインはボロボロ、ヨレヨレでした。


大マス2ヒット2バラシ
こんな日は今シーズンもう無い。
そう思った日曜日でした。


月曜日
朝起きてもすっきりしない。
昨日のバラシを完全に引きずっている。

仕事終わったらリベンジ行こう。
そう決心して山へ。

暑かった山仕事を終え、昨日の場所へ。
やっぱりルアーは・・・です。
いっぱい買っておこう。

数投して昨日と同じ核心部へ。
気合を入れてジャーク、ジャーク、ジャーク
ドスン
今日もきたー

慎重に慎重に。。体に巻かれるなよ。
そう祈りながら必死に耐える、5ft6inのバスロッドは満月状態。
やっとの事で岸にズリ上げたのは
ギンピカ45cm、1.2KgサツキマスIMG_0014_blog.jpg
リベンジ成功!


今シーズンが報われた気がしました。
長々と有難うございました


スポンサーサイト

コメント

おお~ ええなー
サクラ、サツキも濃いねんなー
シュガーディープはやっぱり安定してるか。 でも、最近 鬼怒川でダイワのTDルアー「ダブルクラッチ」っていうロングビルミノーもええ事がわかった。あと、最近見直しているのがパニッシュ。あの安定し過ぎる動きが急瀬の中でも使えます。

あと、あんた、もしかして5.6ftってテレスコRodのこと?
もうちょっとエエ竿つかいーや。

Re: タイトルなし

まりも氏
今年は岡山リハビリの年のハズ、だったのですが、調子が良いです。
魚影は鬼怒川ほどではありませんが、釣人影は激ウス(?)ですのであまりスレていないようです。
今回のサツキは高梁川アベレージで、食させていただきましたが、空っぽと思っていた胃袋からは川虫と稚鮎が出てきました!お味は最高!トロサーモンでした。遡上魚釣った際には是非ご賞味を!
56ロッドはさすがにテレスコではディープミノーはしゃくれませんので(笑)、バス用のパームス エッジを使っています。張りもありキビキビとしゃくれるのですが、短竿は大マスが掛かった時あの引きのストロークに対し十分なタメが無くラインと針にくるので苦労しました(ラインも針も毎回グジャグジャでした)。最近はショックリーダー使うようにしています(笑)


> おお~ ええなー
> サクラ、サツキも濃いねんなー
> シュガーディープはやっぱり安定してるか。 でも、最近 鬼怒川でダイワのTDルアー「ダブルクラッチ」っていうロングビルミノーもええ事がわかった。あと、最近見直しているのがパニッシュ。あの安定し過ぎる動きが急瀬の中でも使えます。
>
> あと、あんた、もしかして5.6ftってテレスコRodのこと?
> もうちょっとエエ竿つかいーや。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shorebora.blog114.fc2.com/tb.php/14-4218fbbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。