スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初・そして人生初 

またまた久々の更新。

明けましておめでとうというのも遅すぎるのですが、
本年もよろしくお願い致します。

冬になると、里山の川には釣れる魚がめっきり減って寂しい限り。
遠くの日本海を見ながら、週末に行くタイミングを計るも、
続く冬型の影響で大シケの連続。。ダメ人間になってしまいそう。


気づけば2月、やっとの事で山陰ヒラスズキ釣行となった。
山陰の地磯には、昨年末に2回調査に行ったが、”魚はいる”程度の感触。

2011-11-06 07.47.16
チビヒラ=小吉(今回の釣果ではありません)

2011-12-11 10.56.54
磯マル=小吉(くれぐれも今回の釣果ではりません)

大吉は期待できないが、開拓の余地ありと判断している。



では釣行記を

2月5日(日) AM5:30
ヤバイ!寝坊してもうた。
釣り場までは130Km・下道3時間、せっかくの釣行なのにやってしまった!


バタバタと釣具屋経由でポイントの駐車場に9時半到着。
焦りながら準備をする、今回のタックルは
 ロッド:MCワークス 1113R/S
 リール:'95 バイオマスター4000XT(ズンさんより永久借用中)
このリールは年代モノだが、今まで大きなトラブルも無くお気に入り(巻き取りスピードを除く)だった。
今回はこのリールが主役になろうとは。。


山陰の地磯はまだまだ未開拓だが、今回は寝坊という事もあって、
釣り人が少ないであろうポイントを選択することに。
釣り人が少ないポイントの条件は
 ①時間が掛かる
 ②危険
 ③釣れない
 ④出る
今回は①を選択。
片道1時間の道中。ここの地磯は大きく突き出した半島で、
根元の駐車場から山を3つ越えるまさに"地獄の地磯"

山仕事で体力には自信があるはずが、ハァハァしんどいし、冬なのにトレーナーでも暑い。
感覚的には紀伊半島のM木崎の1.5倍といったところ(分かりにくい?)



話は変わるが~

地磯には軽快なスパイクシューズを使う人が増えているが、
山仕事からの応用で今回はこんなものを使ってみた。
2012-02-05 12.06.27
スパイク地下足袋
 メーカー:マルゴ
 価格:3500円

これがさらに軽快で、見た目のダサさ(失礼!)を除けばかなり使える品である。
地下足袋特有の素足感とスパイクのグリップが山の斜面に効果を発揮。
私のはマジックテープ式で装着も簡単、ふくらはぎにかけて脚絆(きゃはん)が
ついているのですそに枝等が引っ掛かりにくい。
人とは違う変態を目指しているアナタも是非!

~話は戻る



意識もうろうと山道を歩いていると、帰りのルアーマンと遭遇。
聞くと、ワカナ(ツバス)が5本釣れたと言う(小吉×5本=中吉)。
いいな、中吉。

少し元気を取り戻して先を急ぐ。

釣り場に着くとそこには多数のサラシとポイントが。
久しぶりタギってきた!
2012-02-05 11.07.57

タックルをセットし、サラシの出来た瞬間にキャスト開始。
1投目:アタリなし。
2投目:ブフォッ!
あれ?ももった。まぁ古いPEやし仕方ないか、とりあえず直そう。
3投目:ブフォッ!!
またか。。ツイとらんな
4投目:ブフォッ!!!
なんかおかしいぞ?
スプールだけが上下にスコスコ。
リールのオシレート機構(上下に動く機構)が壊れている。


予備のリールも無い。車3時間+歩き1時間の苦労はどうしてくれる??
もしかしたら中のブロックのネジが外れているだけじゃ?分解するか?

でも工具がコレしかない。
2012-02-05 12.02.49
とりあえずネジの”緩みのキッカケ”を作ることが出来たがその後が回らない。

マイナスドライバーの代用品をタックルの中から発見
2012-02-05 11.34.50
天才です。

磯でリールを分解したのも初だが、プライヤーとK-TENで分解したのも初。

結果
2012-02-05 11.46.09
修理不能

1時間歩いて帰ったのは言うまでもない。

その後人だらけの地磯でボーズになりましたとさ。










スポンサーサイト

1/23 伊豆へヒラスズキ 

釣行記第一号!!

ブログを始めるキッカケもじつはこの釣行のオカゲ?
釣れてる記事から書く方が書きやすいし(すぐボウズになると思うが。。)

ほぼ毎日、海から遠い私の自宅で伊豆の天気&風向をチェックする事が日課になっているが、
週末(23日)は東伊豆は数日吹いた北東の風が、南→西風に変わる日で、残りウネリでヒラが釣れそうな雰囲気満点。
たまらず、当日を有給にして(不良社員!まぁ不景気だからいいかな?)前日夜中より伊豆へGO赤色の車

まずは暗いうちに河口&ゴロタをチェック。
思った通り、風は弱風で波も程々で釣れそうだったが、アタリなく、買ったばかりのミノーをロストkao07
気を取り直し、目的の地磯へ。

平日なので場所取りしなくて良いので、あたりが薄明るくなってから、磯場にエントリー。
波は思った以上に大きかったが、いずれ落ちてくると読み釣り開始。まもなく大きい波を2~3発位びしょ濡れになってしまった(久々に体が浮いた)絵文字名を入力してください
お気に入りのK-TEN14cmミノー投げるが、アタリなく時間が過ぎていったが、8時頃に沖のほうで明らかにブリ級のナブラ発生!
メタルジグをヒラロッドでフルキャストするも届かず、ナブラはさらに沖にサヨーナラー汗;
ショアジギロッド持ってくれば良かった。

その後、タイドミノー120で磯際をスローに引いていると、下からヒラがボコッ!しかしフックに届かず
ミスバイト。しかし、フックに触っていないことから同じミノーで攻めるとさらにボコッ!しかしまた乗らず。。産卵前で動きが鈍いのか相当スローと判断。
さらに速度を落とし、ネチネチトップでミノーを引いているとようやくヒット!
磯際の根をかわし、無事ランディング!
65cm 3.6Kg
IMG_0002_convert_20101113012700.jpg





その後、磯場を歩いていると10cm位のトウゴロが群れている。群れている先の岬をさっきと同じくネチネチトップミノーでさらにヒット!
さっきよりひとまわり大きいヒラゲット 75cm 4.3Kg
IMG_0004_convert_20101113012731.jpg




まだまだ出そうな雰囲気だったが、この2本で満足&疲れてしまい、この地磯を後にし、あまり行った事のない西伊豆に調査を兼ねて向かった。

西伊豆は15m位の爆風で、ロッドがバットか曲がり、辛くなったため早々に断念。夕方に東伊豆の他の地磯を叩くがノーバイトで、日も暮れてきたのでヒラは終了。

帰りに漁港でエギング開始。
なんと1投目でイカゲット 多分500g
その後数投で、投げ切れでエギをロストしてしまい、集中力が切れ、伊豆を後にした。

いつもボウズの私だが、今回は大満足の釣行となりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。